2024年7月12日金曜日

7月10日(水)ウオロク見学(3年生)

 7月10日(水)2・3時間目に、3年生が、社会科の学習で「ウオロク村上店」に見学に行ってきました。パン屋さんの近くのイートインスペースで店長さんからお話をお聞きしました。バックヤードのマイナス20℃の冷凍庫にも入れていただきました。中から出てくると、眼鏡が曇ってしまったそうです。最後には、かわいい修了証をいただいてきました。スーパーマーケットの様々な工夫を学ぶことができました。

バックヤード
お惣菜コーナー
店長さんのお話を聞きました。



①1つ1つ丁寧に説明してくださいました



2024年7月11日木曜日

7月10日(水)聴覚障害の方のお話

 7月10日(水)3時間目に4年生が、総合の福祉の学習で、聴覚障害をお持ちの方から、「耳が聞こえないとは」というお話をお聞きしました。五十嵐 様は、幼稚部から小学校3年生までは新潟市の聾学校で勉強をして、小学校4年生からは、普通の公立学校で勉強をしたそうです。補聴器を使っていますが、聞こえるのは、小さい音だけだそうです。声とかは聞こえないそうです。車も運転するし、音楽もリズムを楽しんでいるそうです。絵本の「いないいないばあ」を手話で読み聞かせしてくださいました。また、最後には、子どもたちに簡単な手話を教えてくださいました。子どもたちも、最後は、「拍手」と言う意味の手話でお見送りしていました。

社会福祉協議会の小川様が、五十嵐様の手話の通訳をしてくださいました。
手話を教えていただきました。
話をしている人の口を見て、ほとんど理解しています。
 帰りに階段を降りてくると、手話ができる子どもが、手話で自己紹介をしました。五十嵐様も、とっても喜んでいました。

絵本、「いないいないばあ」の手話での読み聞かせ
手話を教えていただきました。


社会福祉協議会の細野様も、いつもお手伝いに来てくださいます。


2024年7月10日水曜日

7月9日(火)避難訓練・引き渡し訓練

  7月9日(火)5時間目終了後に「避難訓練」「引き渡し訓練」がありました。地震で津波警報が発令された想定で、子どもたちは、3階に垂直避難しました。その後、TETORUで保護者への引き渡しが送信され、各教室までお迎えに来ていただきました。「避難開始」から3階まで全員が避難するまでは、4分16秒でした。また、TETORUが配信されてから、全員の引き渡しが完了するまでは33分04秒でした。本来ならば、TETORU配信後、職場や自宅から駆けつけていただくので、もう少し時間がかかるのではないかと思います。午前中の大雨が嘘のように、引き渡し訓練時には、曇り空になったことに少し安堵しました。保護者の皆様には、お忙しい中、ご協力いただきまして、大変ありがとうございました。

3階に避難する子どもたち


引き渡し訓練の様子



7月8日(月)視覚障害の方のお話(4年生)

  7月8日(月)6時間目に4年生が、総合の福祉の学習で、視覚障害をお持ちの方から、「目が見えないとは」というお話をお聞きしました。近 様は、目の前は真っ暗な状態だそうです。しかし、ほとんどのことは、自分1人でされているそうです。例えば料理は、お店に並べられる程の腕前、ごみ捨ても、自分1人で行かれるそうです。趣味のカラオケもとても上手だそうです。買い物をお願いするときのメモの書き方や普段子どもたちが見ることのできない義眼も見せてくださいました。子どもたちの中には、自分の目の前に持ってきて、大きさを確かめている子もいました。「お手伝いできることがあれば、お手伝いしたい」「1人でごみ捨てに行くなんてすごい」など、子どもたちは、たくさんの感想や気づきがありました。

社会福祉協議会の小川様が、いつも講師の方のお世話をしてくださっています。
真剣に聞く子どもたち


紙を折って印を付け、一行ずつ買い物メモを書いていました。
書いたメモ:子どもたちから、「綺麗な字」と…
義眼を目に当てる様子

感想を発表する様子

2024年7月6日土曜日

7月5日(金)きわなみ荘訪問(3年生)

 7月5日(金)6時間目に3年生が「きわなみ荘」に行って、音楽の発表をしてきました。3曲発表してきました。1曲目は、「海風きって」を歌と鍵盤ハーモニカで演奏しました。2曲目は、手遊び歌の「茶摘み」を友達と楽しく手を合わせて発表してきました。3曲目は、「にじ」と言う歌を元気よく、心を込めて歌ってきました。施設にいたおじいちゃん・おばあちゃんは、感動して涙を流して喜んでくれました。子どもたちも達成感でいっぱいでした。 

「海風きって」の歌と演奏
手遊び歌「茶摘み」
「にじ」の合唱






7月5日(金)車椅子&白杖体験(4年生)

  7月5日(金)5・6時間目に社会福祉協議会から3名の方、そしてボランティアの方11名の方からお手伝いいただき、4年生が、「車椅子」と「目隠し&白杖」の体験をしました。まず初めに車椅子を電動で積める特殊車両を見せていただきました。代表して校長先生が、乗ってみました。次に、グループに分かれて、車椅子に乗る人・車椅子を押す人、目隠しをして白杖を付いて歩く人、その人を補助する人、福祉のカードについて教えてもらう人など、様々な体験を順番にしていきました。子どもたちは、「ものすごく大変だと言うことが分かりました」「もし大変そうな人がいたら、自分も助けたいと思いました」など、たくさんの感想を持つことができました。蒸し暑い中、子どもたちのためにお手伝いいただきまして、大変ありがとうございました。

校長が車椅子に乗って、車の中に
白杖を持って歩いている人の補助の仕方を教えていただきました
車椅子の乗り方、車椅子の補助の仕方を教えていただきました。
白杖を持つ人・補助する人になっていざ出発
車椅子に乗る人・補助する人になって出発





11名のボランティアの皆様